株主優待

【株主優待到着】GMOインターネット (9449) 2021年6月末日権利日

GMOインターネット (証券コード: 9449) の株主優待の到着報告です。

 

GMOインターネットは、東京都渋谷区に本社をおく、インターネット関連事業を行う会社です。

子会社の上場も多く、
・GMOフィナンシャルホールディングス(7177)、
・GMOグローバルサイン・ホールディングス(3788)、
・GMOアドパートナーズ(4784)、
・GMOペパボ(3633)
も株主優待を実施しています。

 

2020年12月末日権利日

株主優待到着

2021年6月末日に権利日があったGMOインターネット (証券コード: 9449) の株主優待が9月中旬に到着しました。

100株分の株主優待の取得となります。

 

 

現物保有で100株分の株主優待を取得し続けています。

2021年9月17日終値: 3105円
2020年配当:30.8円

 

今回からの株主優待制度で変更があります。

1点目は、株主優待取得には6ヶ月以上継続保有が必要となります。

2点目は、くまポンクーポンが廃止となり、GMOコインでの2100円相当分のビットコイン付与となります。

ビットコイン付与は一度きりです。

なので、わざわざGMOコインの口座開設してまで株主優待のビットコインを取得する予定はありません。

個人的には、GMOあおぞら銀行における振込手数料無料の回数を増やす株主優待が良いと思っていたのですが、あてが外れました。

 

スポンサーリンク

 

 

株主優待内容

参考GMOインターネット公式サイトでの株主優待情報

優待権利日:
6月末日、12月末日

株主優待内容:
100株以上 6か月以上継続保有

(1)GMOコインにおけるビットコイン付与(2,100円相当分)
(2)GMOクリック証券でのGMOインターネット株式の買付手数料キャッシュバック
(3)GMOクリック証券での売買手数料上限5,000円をキャッシュバック
(4)自社グループが提供する各種サービスの利用料5,000円分

 

株主優待の価値

株主番号で本人確認を行うので、転売はできません。
このため、ヤフオク!や金券ショップでの取り扱いはありません。

(1)GMOコインにおけるビットコイン付与
今のところ使う予定はありません。
1度きりなので、いずれにしても株主優待の価値としては低いです。

(3)GMOクリック証券での売買手数料上限5,000円をキャッシュバック
GMOクリック証券の手数料改定で相対的に価値減少です。

(4)自社グループが提供する各種サービスの利用料5,000円分
このブログのドメイン利用料として使います。

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-株主優待

© 2021 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜