株主優待

【株主優待取得】2019年9月末日権利日の株主優待クロス取引

 

2019年9月末日の株主優待クロス取引の結果報告です。

9月末日は、株主優待の権利日となる銘柄が、3月に次いで多くなっています。

しっかりと稼いでおきたい時期であります。

 

参考:【株主優待】2019年8月末日権利日の株主優待クロス取引

 

スポンサーリンク

 

2019年9月末日権利日

今回の逆日歩日数は1日でした。

色々と悩んだのですが、1日だけの逆日歩日数とはいえ、制度信用売りではなく、一般信用売りでクロス取引を行いました。

 

ラウンドワン(4680)

100株
クラブ会員入会券1枚
500円割引券5枚
健康ボウリング教室・レッスン優待券1枚
一般信用 楽天証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり0円、100株で0円 株不足47,900株)

通常この程度の逆日歩ですし、制度信用を使った方が良かったです。

 

新東工業 (6339)

100株
クオカード 1000円分
一般信用 GMOクリック証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり1.75円、100株で175円 株不足87,600株)

いつもとそれほど変わらない逆日歩でした。

制度信用でも一般信用でも結果はほぼ同じでした。

平和(6412)

400株
株主優待券 3500円分を8枚
一般信用 GMOクリック証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり6.7円、400株で2680円 株不足432,100株)

いつもとそれほど変わらない逆日歩でした。

制度信用でも一般信用でも結果はほぼ同じでした。

 

第一興商(7458)

100株
株主優待券 500円券10枚
一般信用 SBI証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり8.45円、100株で840円 株不足23,500株)

いつもとそれほど変わらない逆日歩でした。

制度信用でも一般信用でも結果はほぼ同じでした。

しかし、株不足が少ないにも関わらず、比較的高い逆日歩が付いている点は気になります。

 

稲畑産業 (8098)

100株
QUOカード 1000円分
一般信用 楽天証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり1.65円、1000株で165円 株不足45,300株)

いつもとそれほど変わらない逆日歩でした。

制度信用でも一般信用でも結果はほぼ同じでした。

 

サンリオ(8136)

100株
サンリオピューロランド、ハーモニーランド共通優待券3枚
店舗優待券(1,000円券)1枚
一般信用 GMOクリック証券
(制度信用だった場合:株不足にならず)

それほど高い逆日歩が付かない銘柄ですが、今回は逆日歩が付きませんでした。

制度信用で株主優待クロス取引をすべきでした。

 

 

朝日放送グループHD (9405)

100株
クオカード500円分
一般信用 楽天証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり1.6円、100株で160円 株不足43,100株)

いつもとそれほど変わらない逆日歩でした。

制度信用でも一般信用でも結果はほぼ同じでした。

初取得になります。

 

ANAホールディングス(9202)

400株
株主優待券 4枚
一般信用 GMOクリック証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり12円、400株で4800円 株不足2,174,300株)

2019年3月でも同程度の逆日歩が付き、今回も高めの逆日歩が付きました。

一般信用での株主優待クロス取引を心がけている銘柄です。

 

近鉄エクスプレス(9375)

100株
クオカード 2000円分
一般信用 GMOクリック証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり0.05円、100株で0円 株不足14,600株)

制度信用の方が良い結果でした。

⇒ 【株主優待到着】近鉄エクスプレス 2019年3月末日権利日

 

オートバックスセブン(9832)

300株
オートバックスグループギフトカード 5,000円分
一般信用 GMOクリック証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり4.65円、300株で13.95円 株不足138,300株)

いつもとそれほど変わらない逆日歩でした。

制度信用でも一般信用でも結果はほぼ同じでした。

株主優待は1年以上保有が条件になっていますが、2019年3月には取得していないので、端株保有だけで継続保有特典が貰えるか不明です。

 

結果からの所見

一般信用売りで株主優待クロス取りを行ったこともありますが、安定した結果になりました。

 

今回は大和証券グループ本社の株主優待を取得しませんでした。

将来的な大和ポイントプログラムの廃止が発表されていて、今後の株主優待にも不透明感があったためです。

 

クロス取引で取得した銘柄以外にも、早稲田アカデミー (4718)とヤマダ電機 (9831)の100株優待と上新電機 (8173)の端株優待を取得することになります。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-株主優待

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜