株主優待

【株主優待取得】2020年5月15日権利日の株主優待クロス取引

 

5月15日は月末ではないですが、株主優待の権利日となる銘柄が少しあります。

毎年、ツルハホールディングスの1銘柄だけクロス取引で株主優待を取得しています。

 

2020年5月15日権利日

今年は逆日歩日数が3日でした。

ツルハホールディングス (3391)

100株以上
ツルハグループ商品券 2,500円分(500円券× 5枚)
株主優待カード(5%割引)
一般信用 GMOクリック証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり0.75円、100株で75円 株不足73,200 株)

 

結果からの所見

一般信用売りが最後まで残っていました。

株不足も多くならずに、逆日歩も低くて済みました。

 

スポンサーリンク

 

 

2019年5月15日権利日

ツルハホールディングス (3391)

100株以上
ツルハグループ商品券 2,500円分(500円券× 5枚)
株主優待カード(5%割引)
一般信用 大和証券
(制度信用だった場合:逆日歩1株あたり6.5円、100株で650円 株不足130,500 株)

⇒ 記事:【株主優待到着】ツルハホールディングス 2019年5月15日権利日

結果からの所見

昨年、ツルハホールディングスは株不足98,200株で、1株当たり11円の逆日歩が付きました。

黒字だったものの、それほど多くない株不足で、意外に高額の逆日歩が付いたことに驚きました。

今年は、昨年の事例を警戒して、最後まで一般信用か制度信用か、最後まで悩んでしまいました。

最終的には、一般信用でクロス取引することに決めたのですが、大和証券でしか一般信用売りの残高がありませんでした。

大和証券は手数料が高いので、儲けが少ない結果になりました。

それでも、利益を積み上げることができたので、良かったです。

 

ツルハホールディングス以外にも、サツドラホールディングス (3544) も株主優待クロス取引をしようと思えば、できる銘柄です。

2017年の逆日歩が1株当たり35.2円
2018年の逆日歩が1株当たり38.4円
となっていて、高額逆日歩で赤字になりやすいです。
赤字が怖いので、私はクロス取引で、この株主優待取得をしたことがありません。

今年は少しマシでしたが、それでも1株当たり15.2円の逆日歩が付いています。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-株主優待

Copyright© ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜 , 2020 All Rights Reserved.