株主優待

日本BS放送(証券コード: 9414)の株主優待

8月末に権利日があった日本BS放送(証券コード: 9414)の株主優待が11月中旬に到着しました。

日本BS放送は東京都千代田区に本社をおく、BS放送局です。
ビックカメラの子会社で、ビックカメラが60%以上の株式を保有しています。
このため、株主優待もビックカメラ商品券になっています。


画像は2018年8月末権利日の株主優待です。
通常の株主優待(図下)と継続保有特典(図上)が別々に包装されています。

株主優待内容

優待権利日:
2月末、8月末

株主優待内容:
ビックカメラ商品券
<8月末・2月末>
100株以上 1,000円券
<8月末>
1年以上継続保有
100株以上 1,000円券を追加

8月末の継続保有特典は、株主番号の継続の他に、2月末にも100株保有している必要があります。
参考 記事:端株活用と株主優待クロス取引で長期保有特典を得られるか?

株主優待の価値

まぎらわしいのですが、
ビックカメラ商品券
は株主優待以外にも出回っている金券で、
ビックカメラ(証券コード: 3048)の株主優待である、
株主お買物優待券
とは別物です。

ビックカメラ商品券には有効期限がありません。

ビックカメラ商品券はヤフオク!でも金券ショップでも取引があります。
金券ショップでの買取価格は、97%~98%ぐらいです。

参考 金券ショップ「アクセスチケット」の金券買取表

2018年8月末権利日

2018年8月末権利日の株主優待が11月中旬に到着しました。

制度信用売りを使って、100株分の株主優待クロス取引を行っての入手です。
参考 記事(旧ブログ):2018年8月末権利日の株主優待クロス取引

逆日歩日数は3日で、1株33.6円でした。
赤字取引になりました。
継続保有したいので、逆日歩日数が3日にもかかわらず無理をした結果です。
一般信用売りは殆どでないので、仕方ないです。

株主優待クロスとは何かご存じない方は、
記事:株主優待のクロス取引を解説
を参照してください。

2018年11月15日終値: 1217円
2018年配当:19円
配当利回りは低め、優待利回りは並ぐらいですね。
親会社の商品券なので、廃止リスクは低いと考えています。
なにより、親会社の株主優待制度は安定して継続してます。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-株主優待

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜