株主優待

【株主優待到着】ティーガイア (3738) 2020年9月末日権利日

ティーガイア (証券コード: 3738)の株主優待の到着報告です。

 

ティーガイアは東京都渋谷区に本社をおき、携帯販売代理店を営んだり、クオカード事業を行う会社です。

業種は情報・通信に分類されます。

 

2020年9月末日権利日

株主優待到着

2020年9月末日権利日のティーガイア (証券コード: 3738)株主優待が12月上旬に到着しました。

100株分で、1000円分のクオカード取得となります。

ティーガイアはクオカード株式会社を子会社にもつため、自社サービスの株主優待となります。

 

ティーガイア 株主優待 2020/09

 

楽天証券にて、一般信用売りを使って、100株分の株主優待クロス取引を行っての入手です。

制度信用だった場合、品貸日数は1日で、逆日歩1株あたり0.55円、100株で55円でした。

参考記事 【株主優待】2020年9月末日権利日の株主優待クロス取引

 

株主優待クロスとは何かご存じない方は、
記事:株主優待のクロス取引を解説
を参照してください。

 

2020年12月4日終値: 1821円
2019年配当:75円

 

ティーガイアは、いわゆるドコモショップ、auショップ、ソフトバンクショップなどの携帯ショップを運営する会社です。

通信キャリアとは異なり、携帯ショップは営業利益率が非常に低いのが特徴です。

菅政権は携帯キャリアの利益率が高すぎると主張しますが、携帯ショップの利益率が低いというの私の意見です。

(しかも総務省はMNPキャンペーンを止めさせて、携帯ショップをつぶす結果をまねいたし。)

 

 

スポンサーリンク

 

 

株主優待内容

参考ティーガイアの公式サイトでの株主優待情報

優待権利日:
3月末日、9月末日

株主優待内容:
<3月末>
■100株以上 1年未満:1,000円分 1年以上:1,000円分
■300株以上 1年未満:1,000円分 1年以上:2,000円分

<9月末>
■100株以上 1年未満:1,000円分 1年以上:2,000円分
■300株以上 1年未満:2,000円分 1年以上:3,000円分

 

 

株主優待の価値

金券ショップのアクセスチケットでは、広告柄1000円分のクオカードの買取価格は額面94.5%です。

参考 金券ショップ「アクセスチケット」の金券買取表

 

ヤフオク!では、額面の1000円とほぼ同額の価格での取引が多いです。

参考 ヤフオク!での「クオカード 1000」の落札相場

 

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-株主優待

© 2021 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜