au

WebMoneyプリペイドLiteの新規申込でもれなくWebMoney300POINT

2019年6月19日に「WebMoneyウォレットアプリ」がリリースされました。

これに伴い、「WebMoneyカードケース」は2019年9月3日をもって全サービス終了が予定されています。

また6月20日より、WebMoneyカードケースの一部機能を終了しております。

(追記)
私の間違いがありました。

WebMoneyプリペイドLiteを申し込むと、プラスチックカードが簡易書留にて送られてくることになります。

 

キャンペーン内容

WebMoneyウォレットアプリで、WebMoneyプリペイドLiteという機能があります。

これを記念して、
アプリからWebMoneyプリペイドカードLiteを申し込むとWebMoney300POINTもれなくもらえる!!
というキャンペーンを開催中です。

キャンペーン期間の記載は見当たりません。

アプリをダウンロードして、WebMoneyプリペイドカードLiteを申し込むと、もれなくWebMoney300ポイントが貰えます。

WebMoneyプリペイドカードLiteも審査不要で即時発行、キャンペーンポイントも即時付与となっています。

審査はありませんが、申し込みには携帯認証が必要となります。

 

WebMoneyプリペイドLiteとは?

 

WebMoneyプリペイドLiteとは、マスターカードブランドのヴァーチャルプリペイドカードで、プラスチックカードを発行されません。

チャージしておけば、マスターカードとしても、WebMoneyとしても使えます。

キャンペーンで貰える300ポイントもすぐに使えます。

実際、私も使ってみました。

 

WebMoneyカードケースの時と同様に、一部を除くWebMoneyでチャージすることができます。

WebMoneyカードケースでは、Webmoneyチャージでは4%分の手数料を取られていましたが、WebMoneyプリペイドLiteでは、今のところ手数料は無料となっています。

ただし、WebMoneyカードケースの時も、最初はWebMoneyチャージは手数料無料だったことを考えると、将来的には手数料を課せられる可能性も否定できません。

 

以前からのWebMoneyプリペイドはどうなる?

WebMoneyプリペイドカードLiteより前から、WebMoneyプリペイドという、プラスチックカード発行のマスターカードブランドのプリペイドカードがあります。(まぎらわしい)

このWebMoneyプリペイドもWebMoneyウォレットアプリに登録できます。

しかし、WebMoneyチャージが出来なくなっていて、この点では不便になっています。

 

au walletプリペイドカードは登録できる?

WebMoneyプリペイドと似たシステムの、au walletプリペイドカードはWebMoneyウォレットアプリに登録できません。

 

 

まとめ

Webmoneyカードケースの時からですが、WebMoney自体は使える場所が限定的なので、同時にマスターカードとして使えるのはありがたいです。

懸賞やキャンペーンでもらったWebMoneyの利用方法としても便利です。

 

また、WebMoneyに興味のない方も、キャンペーンの300ポイントを貰っておくというのも選択肢です。

アマゾンで300円分のギフト券の購入にも使えます。

⇒ アプリからWebMoneyプリペイドカードLiteを申し込むとWebMoney300POINTもれなくもらえる!!

 

(おまけ)
WebMoneyの将来性は厳しいというのが正直なところです。

そもそも、WebMoneyに限らず、運営元であるKDDIは、金融事業が特に下手という印象があります。

例えば、じぶん銀行、カブドットコム証券、auほけん、au Payをどうするのか私には分かりません。

ちなみに、金融事業がうまいと感じるのは楽天です。

楽天という、お手本があるのだから、KDDIも真似をすれば良いと思うのですが。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-au

Copyright© ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜 , 2020 All Rights Reserved.