証券会社 Tポイント

SBI証券 | 投資信託の買付にTポイントが使える「Tポイント投資」

SBI証券がTポイントプログラム導入を発表しました。

プレスリリース 新ポイントサービス開始のお知らせ

2019年7月20日(土)より開始予定です。

⇒ SBI証券

Tポイントが使える

投資信託の買付代金にTポイントが利用可能となります。

金額指定の買付のみ利用可能で、積立買付、口数買付、ジュニアNISA口座における買付では利用できません。

通常のTポイント、SBI証券限定のTポイントを1ポイントから使えます。

Tポイントが貯まる

SBIポイントプログラムが、Tポイントプログラムに編入される形となります。

国内株式現物取引

スタンダードプラン及びPTS取引の月間合計手数料の1.1%相当のポイント

通常のTポイントが貯まります。

投資信託取引

対象投資信託の月間平均保有額が、
1,000万円未満の場合は年率0.1%相当のポイント
1,000万円以上の場合は年率0.2%相当のポイント

通常のTポイントが貯まります。

※楽天ヴァンガードやeMaxis slimなどの一部のファンドは0.1%未満の付与率となります。

金・プラチナ取引

スポット取引及び積立買付の月間合計手数料の1.0%相当のポイント

通常のTポイントが貯まります。

新規口座開設

新規口座開設で100ポイント

SBI証券限定の期間固定Tポイントが貯まります。

国内株式入庫

1回の移管入庫につき100ポイント

通常のTポイントが貯まります。

各種キャンペーン

キャンペーンの条件次第

所見

楽天証券がポイント投資で先行している中、SBI証券は楽天スーパーポイントの競合であるTポイントと業務提携してきました。

Tポイントを投資信託買付に利用できる事で、Tポイントの有効活用先が1つ増えます。

できれば、住信SBIネット銀行のポイントプログラムもTポイントに統一してくれれば更にうれしいのですが。

 

⇒ SBI証券

 

SBI証券[旧イー・トレード証券]

 

一方で、現在のSBIポイントのポイントプログラムが今後どうなるかは不明です。

プレスリリースには、
『移行期間中(2019年7月20日~2020年1月31日)は、規約に同意いただいた方にのみTポイント(または期間固定Tポイント)を付与し、それ以外の方にはSBIポイントを付与します。貯まっているSBIポイントは、引き続きご利用いただけます。』
とあります。

しかし、2020年1月31日以降はどうなるか書いてありません。

中途半場に貯まっているSBIポイントはどうなるのでしょうか?

 

SBI証券の子会社のSBIネオモバイル証券と違って、SBI証券のTポイントプログラムでは、現物株式購入にTポイントを使えません。

端株戦略のためにTポイントを使いたい方は、SBIネオモバイル証券を利用する必要があります。

⇒ 【SBIネオモバイル証券】



関連コンテンツ

おすすめ記事

-証券会社, Tポイント

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜