PO/IPO

【売出】ソフトバンク (9434) 価格決定日 2020/9/14~9/16

 

ソフトバンク (証券コード: 9434)の売出の考察です。

増資・売出とは何か不明な方は、
記事:公募増資・売出の基本戦略について
をご覧ください。

 

 

価格決定日: 2020/9/14~9/16

事前考察

株価 1392.5 (20/8/31 終値)
上場市場:東証一部
主幹事:野村、大和、みずほ、日興、SBI、三菱
売出株数: 927,490,200株(国内分:670,474,800 株)
オーバーアロットメント: 100,571,200株
現在の発行済株式総数:4,787,145,170株
割引率は3.0-5.0%

  • ネットからは、野村、大和、みずほ、日興、SBIから申込できます。
  • 権利付日をまたぎません。
  • 売出株数が発行済投資株式総数の約20%もあり、売禁や高額逆日歩の可能性を無視できません。
  • 現時点で既に株不足が多くなっています。
  • 単元株価が高くはないですが、複数取得の可能性もあります。
  • 配当、日経平均採用、自社株買い(上限8000万株)と売り圧力を軽減する要因もある。

POの規模としては桁が1つ多く、超大型のPOとなります。

超大型POの比較として、日本郵政のPOの時は、売禁になったのもありますが、良くない結果に終わっています。

今回のソフトバンクのPOも売禁になるかどうかが申込するかどうかの分かれ目になります。

正直なところ、売出を2回か3回に分けてくれれば、みんなハッピーになったと感じています。

 

SBI証券では、

「PO銘柄購入でIPOチャレンジポイントプレゼントキャンペーン」

が開催中なので、SBI証券から申し込みする人は多そうです。

 

証券会社の営業マンの方は9月はソフトバンクのPOとキオクシアのIPOで苦労しそうですね。

 

 

スポンサーリンク

 

PO結果

発行価格(割引率):1,204.50円 (3.02%)
受渡日:9月23日

 

 

 

始値 高値 安値 終値 株不足 逆日歩
9/14 1,304 1,308 1,242 1,242 ▲20,049,300 0.05 価格決定日
9/15 1,250 1,284 1,223 1,278.5 ▲34,534,900 0.05
9/16 1,300 1,339 1,292 1,300.5 ▲43,494,500 0.25
9/17 1,310 1,327 1,305 1,308.5 ▲49,559,800 0.05
9/18 1,300 1,300.5 1,242.5 1,242.5

 

 

抽選結果

SBI証券:1000株申込⇒400株当選+600株補欠
大和証券:500株申込⇒100株当選+400株補欠
日興証券:200株申込⇒100株当選+100株補欠
野村證券:200株申込⇒200株補欠
みずほ証券:1000株申込⇒落選

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-PO/IPO

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜