PO/IPO

【売出】任天堂(7974)価格決定日 2019/3/4-3/7

東証1部銘柄の任天堂(証券コード: 7974)の売出の考察です。

増資・売出とは何か不明な方は、
記事:公募増資・売出の基本戦略について
をご覧ください。

価格決定日: 2019/3/4 - 3/7

事前考察

株価 30,470 (19/2/26 終値)
国内引受人:野村
売出株数:2,428,700株
オーバーアロットメント: 364,300株
現在の発行済株式総数:141,669,000株
割引率は3.0-5.0%

  • ネットからは、野村証券、日興証券、みずほ証券から申込できます。
  • 権利付日をまたぎません。
  • 発行済株数の約2%ほどの発行口数であること、大型株であること、カブドットコム証券で一般信用売りも可能であることから、つなぐ際の逆日歩は無視できる範囲と考えています。
  • 売出総額は多いですが、1枚約300万円も必要な事から、枚数は多くはありません。
  • 知名度の高い銘柄で、枚数は多くないとなると、配分される可能性は低いです。
  • もし配分があれば、最低3%の割引率・超値嵩株であることから、かなりの利益が見込まれます。

PO結果

発行価格(割引率):29,488(3.00%)
受渡日:3月12日

はやめにつないだり、受渡日の売却では利益がでました。
しかし、地合の悪化もあり、公募価格を割る展開もありました。

始値 高値 安値 終値 株不足 逆日歩
3/4 30,820 31,120 30,370 30,400 12,800 価格決定日
3/5 30,140 30,570 30,040 30,350 11,000
3/6 30,490 31,220 30,330 31,080 2,500
3/7 30,840 31,070 30,430 30,480 38,800
3/8 30,060 30,170 29,405 29,665 23,300
3/11 29,665 29,840 29,125 29,605 2,800
3/12 29,855 30,850 29,820 30,620

抽選結果

野村証券:補欠当選⇒繰上当選
みずほ証券:不参加
日興証券:不参加

枚数が少ないので、殆ど期待していなかったのですが、運よく繰上当選を頂きました。
資金力こそ必要でしたが、そのおかげで、B級のIPO程度に儲かる案件となりました。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-PO/IPO

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜