LINE 金融キャンペーン

LINE証券 タイムセール 9月24日

 

LINE証券では、タイムセールというキャンペーンを時々実施しています。

タイムセール参加の条件を満たせば、早い者勝ちですが、実施日の終値から3%~7%の割引率で数株購入できます。

ここで購入した株は、翌営業日の寄りの売却することで高確率で利益を出せます。

これは、1日で3%下落することは(特に大型株では)マレなためです。

 

⇒ LINE証券

 

2020年9月24日

■実施日
2020年9月24日

 

■条件

(a)または(b)の条件を満たしていること。

(a)
6月1日~8月31日の間に株の相対取引を5回以上
かつ9月9日~18日の間に相対取引で5万円以上の売買

(b)
9月18日時点で総資産30万円以上
かつ9月9日~18日の間に相対取引で5万円以上の売買

 

私は(a)の条件を満たす予定です。

6月1日~8月31日の間に株の相対取引を5回以上は既に行っています。

9月11日に、9月10日のタイムセールで入手した株を売却したことで3万円以上の取引になります。

加えて、(NEXT FUNDS)NASDAQ-100(1545)を1回売買して条件を満たす予定です。

※タイムセールの取引は条件を満たす取引にカウントされません。

 

 

■対象銘柄

 

 

⇒ LINE証券

 

 

2020年9月10日

■実施日
2020年9月10日

 

■条件

(a)または(b)の条件を満たしていること。

(a) 6月1日~8月31日の間に株の相対取引を5回以上。かつ9月1日~8日の間に相対取引で5万円以上の売買

(b) 9月8日時点で総資産30万円以上、かつ9月1日~8日の間に相対取引で5万円以上の売買

 

(b)の条件は今からでも満たすことができます。

総資産なので株の売買をしなくても入金すれば済むはずです。

 

9月1日~8日の間に相対取引で5万円以上の売買に関しては、

私は(NEXT FUNDS)NASDAQ-100(1545)を数回売買して条件を満たしました。

このETFは流動性が高く、かつ日本時間では値動きが比較的おとなしいので損失リスクが小さいです。

今回は100円以下のコストで済みました。

 

■対象銘柄

オリエンタルランド 終値14730円(前日比 +150円 (+1.03%)) 2株(29460円)

日清食品HD 終値9960円(前日比 -70円 (-0.70%)) 3株(29880円)

マクドナルド 終値5220円(前日比 +30円 (+0.58%)) 6株(31320円)

ゼンショーHD 終値2555円(前日比 -12 (-0.47%)) 12株(30660円)

三井物産 終値1940円(前日比 +20.5 (+1.07%)) 16株(31040円)

日本製鉄 終値1164円(前日比 +20.5 (+1.79%)) 30株(34920円)

東急不動産 終値484円(前日比 +16 (+3.42%)) 80株(38720円)

ENEOS 終値411円(前日比 +4.7 (+1.16%)) 90株(36990円)

 

私はマクドナルドを3%の割引率で購入しました。

 

 

⇒ LINE証券

関連コンテンツ

おすすめ記事

-LINE, 金融キャンペーン

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜