その他(節約)

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

 

JCBが、LINEやメルカリが大型キャンペーンで赤字を出して疲弊しているところに、潰しあいを避ける形で、スマホ決済の太っ腹キャンペーンを出してきました。

JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!

期間:2019年 8月 16 日(金)〜 2019年 12月 15 日(日)

長期間にわたるキャンペンなので、非常にお得になります。

 

スポンサーリンク

 

キャンペーン内容

■条件
・Apple Pay、または Google Pay(TM) をスマートフォンに設定
・キャンペーン参加登録
・Apple Payまたは Google Pay をQUICPay加盟店利用

 

■特典
・利用合計金額の20%をキャッシュバック
・カード1枚当たりのキャッシュバック上限は1万円

 

■注意点
Apple Payの場合、JCBクレジットカードが対象です。 Google Pay の場合、JCBクレジットカード、JCBデビットカード、JCBプリペイドカードが対象です。

複数枚のJCBカードをお持ちの場合は、それぞれのカードがキャンペーンの対象となります。家族カードも対象になります。

JCBプリペイドカードは発行会社がジェーシービーのカードに限ります。
(ANA JCBプリペイドカードが有力候補になります。)

 

スポンサーリンク

 

追記:キャンペーン適用カード

JCBブランドのカードでも対象外となるカードがあるみたいです。

キャンペーンにエントリーしたところ、

「ご入力いただいたカードでは、ご登録いただけません。」

と出るカードが幾つかありました。

真偽のほどは確かではありませんが、リクルートカードは対象との情報が出回っています。

 

参照:JCBでスマホ決済!全員に20%キャッシュバックキャンペーン!参加カード発行会社一覧

 

私はJCB ANAプリペイドカードで参加します。

JCB ANA プリペイドカード

楽天カードからJCB ANAプリペイドカードへのチャージで楽天スーパーポイントも貯まります。

 

キャッシュバックについて

JCBクレジットカード

JCBクレジットカード会員へのキャッシュバックは、2020年3月お支払い分の「カードご利用代金明細」で金額がマイナス表示となります。当月に支払いのない場合は、設定口座への振り込みとなります。

JCBデビットカード

JCBデビットカード会員のキャッシュバックは、2020年4月お支払い分の「カードご利用代金明細」で金額がマイナス表示されます。当月に支払いのない場合は、設定口座への振り込みとなります。振り込み日は発行会社により2020年4月10日(金)から前後する場合があります。

JCBプリペイドカード

JCBプリペイドカード会員へのキャッシュバックは、2020年3月31日(火)までに実施します。会員専用WEBサービス「マイページ」の「ご利用明細の確認」メニューの2020年3月分「ご利用明細内訳(チャージ・残高失効など)」欄でご確認ください。

 

スポンサーリンク

 

キャンペーン活用

 

QUICPayが使える主な店舗として、

コンビニ ⇒ セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ

スーパー ⇒ イオン系

ガソリンスタンド ⇒ エネオス、昭和シェル

ドラッグストア ⇒ ツルハ、スギ、マツモトキヨシ、(ウエルシア)

が活用先の候補になります。

 

ガソリン代の2割分がキャッシュバックになるので、運送関係の人はうまく利用しましょう。

キャッシュバック自体もありがたいのですが、割引ではないので、活用方法は広がります。

 

パシリ・幹事の副業もはかどりますが、キャッシュバック上限が1万円(5万円の支払い)であることに注意しましょう。

1回の飲み会で5万円を超えることは普通にありますからね。

また、QUICPayには支払い上限がある場合もあるので注意です。

 

イオン系が対象になっているので、日用品の購入には便利です。

しかし、イオン系キャンペーンはイオン系決済手段を条件にしている場合も多いので、お得感は若干見劣りします。

 

コンビニでの利用に関しては、

記事:PayPay | ワクワクペイペイ 2019年8月

との比較を検討しましょう。

PayPayチャンスもあることから、8月の11時から14時はペイペイ支払いの方がお得だと考えます。

 

また、

記事:セブンイレブン | 3社合同キャンペーン 2019/8/12~9/15

で紹介したキャンペーンなどは、今回のキャンペーンよりもお得になりうるので、チェックを忘れずにしましょう。

 

一方で、

記事:d払い | コンビニ限定!d払い20%還元キャンペーン 2019年8月

で紹介したキャンペーンは、還元率もさることながら、コンビニしか対象でないので、見劣りするキャンペーンとなってしまいました。

JCBカードが1枚しかなく、JCBキャンペーンのキャッシュバック上限に達しそうな人は、もちろんd払いのキャンペーンを活用する価値はあります。

 

今すぐというわけではありませんが、「消費増税ポイント還元」も考量すると、還元率は更に高まります。

本当に呆れるような制度ですが、損をしないためにも活用しましょう。

他のスマホ決済、クレジットカード、電子マネーでも、消費増税ポイント還元に対するキャンペーンを打ち出してくる可能性が大きいでしょうから、再びキャンペーン合戦の潰しあいになるかもしれません。

 

確実ではありませんが、秋から冬にかけて、dポイントスーパーチャンスのポイント20倍が開催されれば、合わせ技でさらにお得になります。

QUICPayとdポイントが使える、ローソン・ファミリーマート・マツモトキヨシはもちろんの事、ビックカメラなどの家電量販店でもお得に買い物がでることになりえます。

 

スポンサーリンク

 

所見

QUICPayを使ったスマホ決済ということで、非常にスムーズに決済ができ、実績もあるのでセキュリティの心配が小さいのも利点です。

ただ、QUICPayも使える店舗がまだまだ少ないのが不満ですね。

導入する側のコストを考えると、QUICPayがどんどん普及していくかははっきりとは言えません。

導入コストを避けるためにも、QUICPayでもコード決済を導入できないのですかね。

できれば、メルペイがコード決済と電子マネーiD決済を両立させていることを、QUICPayでも実践できればと期待してしまいます。

本当は、このことは、セブンペイでの、nanacoとコード決済の両立を期待していたのですが、見事に期待外れに終わりました。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-その他(節約)

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜