ブログ運営

はじめに 経済的自由とは

 

前ブログ
『きまぐれ経済日記』
からブログタイトルを新たに
『ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす』
に変えて再出発いたします。

そこで、私、kumokaze99がめざす
"経済的自由"
は何かを述べておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

管理人kumokaze99がめざす経済的自由

まずは経済的自由の一般論を見てみましょう。
経済的自由は、
資産収入>消費・浪費支出
となっている状態をさす事が多いです。
究極的には、この状態を目指しますが、現段階ではまだまだ先は長いです。
でも、この状態に近づくにつれ、労働に使う時間が減って、時間的余裕が出ています。
また、投資に使う資金も確保しやすくなり、資産を殖やしやすくなります。

一般論だけだと分かりにくいので、資産収入と支出に関して私の場合を見てみます。

不動産・株式・著作権など資産には幾つかの種類がありますが、kumokaze99が投資している資産は株式です。
株式指数への長期投資をメインとして、PO・立会外分売・株主優待クロス取引などのイベント投資を行っています。

一方で、浪費を避け、節約を実行することで消費支出を減らし、投資のための資金を捻出しています。
kumokaze99が注意を払っている節約法は、ポイント活用術です。

楽天スーパーポイント
Tポイント
dポイント
Pontaポイント
au walletポイント
LINEポイント
のキャンペーンを活用しています。

この様に株式投資と節約を積み重ねる事で、可能な限り、気分良く経済的自由を目指していっています。
私にとって、これらの活動は楽しいまではいかなくても、やってても疲労が蓄積しないのが良い点です。

 

スポンサーリンク

 

労働に関して

私は労働で収入を得ることは、資産から収入を得る事同様に重要と考えています。
しかし、幾つか問題点があると認識しています。

1つ目は、複利の効果・レバレッジ効果が効きにくい事です。
労働者として働く時間を増やした場合、永続的に収入が増え、労働負担が減少するような、複利に似た効果が働けば良いのですが、現実には収入の増え方は限定的で、労働負担は急増します。
レバレッジ効果に関しては、労働力を雇って(借りてきて)、自分の代わりに働いてもらうという事は株主や経営者がすることです。

2つ目は、税制上不利であることです。
金融所得と労働所得の、所得税率、地方税率、社会保険料を比べてみてください。
私は金融所得の方が有利だと感じてしまいます。

3つ目は、長期の病気・怪我の時に収入が著しく減る事です。
配当収入は個人の健康状態とは関係なく入ってきます。

4つ目は、労働では収入を増やしにくい事です。
私のような非正規労働者が行う単純労働においては、新興国の労働者、機械、ロボット、AIと勝負しないといけません。
これでは賃金は上がらないどころか、賃金に対して、過剰な労働サービスを要求されるのは不思議ではありません。

これらの問題をあげてはみましたが、社会のなかで生きていく以上、労働して社会に貢献する必要はあると考えています。
ただし、人生を労働に束縛されるのは避けたいと考えています。
労働に束縛されない、理想とする労働収入は、現在の給与所得控除のもとでは65万円以内です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

私にとって、ストレスのたまらない、株式投資とポイント活用の節約術で経済的自由をめざしていく様子をブログ記事として書いていきます。
まだまだ満足できる水準ではありませんが、少しづつでも前進を目指します。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-ブログ運営

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜