立会外分売

【立会外分売】ファイバーゲート (9450) 2019/6/13予定

東証マザーズ銘柄のファイバーゲート (証券コード: 9450) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

実施予定日: 2019/6/13(木)予定

事前考察

株価 3280円(19/6/7 終値)
分売枚数は1572枚。発行株式数の1-2%。
制度信用売りは可能。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは不可。
配当は出していない。株主優待は6月。

分売枚数に対して、板・出来高はあります。
分売枚数以上の出来高がある日が普通にあります。

空売り可能であることは好材料です。
本記事作成時には株不足にはなっておらず、貸株注意喚起が出ています。

ここ半年ほど株価が急騰していますが、ここ一か月ほどは高値から20%以上下落しているので注意が必要です。

6月14日に東証一部に市場変更することと、株主優待の権利日が6月末にあることは好材料です。

2018年10月にも立会外分売を実施していますが、今回とは状況が違いすぎて参考になりません。

 

分売枚数の多くない空売り可能銘柄とはいえ、ここ最近の株価の下落が気になるので、前日までの動きと株不足を確認したうえで参加の判断をします。

 

 

前日考察

前営業日終値:3085円(売気配3095円、買気配3085円)
分売価格 (割引率):3023円 (2.01%)

板・出来高はあるので基本的には参加姿勢です。

しかし、相変わらずの下落傾向なので、朝8時ごろの気配を確認して、どの程度参加するか判断します。

 

 

立会外分売結果

分売実施日 2019/6/13
前営業日終値 3,085円
分売価格 (割引率) 3,023円(2.01%)
始値 3,070円
高値 3,210円
安値 3,065円
終値 3,125円

前営業日終値を割ったのも寄りからわずかの間だけという強い結果になりました。

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:落選
マネックス証券:落選
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:落選
野村証券:落選

分売枚数が2000枚もないだけに当選する確率は低いです。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜