立会外分売

【立会外分売】第一交通産業 (9035) 2020/3/12~3/16予定

第一交通産業 (証券コード: 9035) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

 

実施予定日: 2020/3/12(木)~3/16(月)予定

事前考察

株価 695円 (20/3/6 終値)
上場市場:福証
分売枚数は2200枚。発行株式数の1%未満。
制度信用売りは可能。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは不可。
配当は3月と9月。株主優待は3月と9月。

 

福岡証券取引所の銘柄ですが、時価総額が200億円以上あり、板・出来高が少ないわけではありません。

通常であれば、参加を検討する案件ですが、今の地合いでは厳しい状況です。

空売りもできますが、3月5日に少ない株不足ながら最高料率が付いています。

前日から当日の逆日歩日数が3日であることを考えると、空売りを入れるのもリスクがあります。

 

最近の方針と同じく、前日の米国株が好調で、反転が見込めるときのみ参加を検討します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

前日考察

前営業日終値:595円(売気配 597円 、買気配 595円)
分売価格 (割引率):577円 (3.03)

最近の方針通り、前日の米国株が爆上げで、当日の朝8時ごろの気配で多くの買いが入っていないと参加するのに躊躇します。

業種的にも観光客が減少した1か月ぐらい前から既に株価の下げが続いていて、今回の騒動の直撃を受けている会社です。

 

参考になるか分かりませんが、3月10日の株不足が24,400株で分売枚数に対して物足りないです。

 

個人的には、他の用事で株価の確認ができないので、無理をせずに不参加とします。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

立会外分売結果

分売実施日 2020/3/12
前営業日終値 595円
分売価格 (割引率) 577円(3.03%)
始値 578円
高値 595円
安値 574円
終値 574円

地合いが悪かったですが、分売価格を割りませんでした。

 

管理人の抽選結果

SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
ライブスター証券
マルサントレード
野村証券

 

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

Copyright© ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜 , 2020 All Rights Reserved.