立会外分売

【立会外分売】デイトナ (7228) 2020/8/26~9/1予定

 

JASDAQスタンダード銘柄のデイトナ (証券コード: 7228)の立会外分売の考察です。

 

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

実施予定日: 2020/8/26(水)~9/1(火)予定

事前考察

株価 1422 (20/8/21 終値)
分売枚数は1800枚。発行株式数の約5%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は残数量なし。HYPER空売りは残りわずか。
配当は12月。株主優待は12月。

 

2018年、2013年にも立会外分売を実施しています。

いずれの結果も芳しくありませんでした。

今回も状況が大きく変わっているわけではないので、不参加の方針です。

 

 

前日考察

前営業日終値:1329円(売気配 1349円 、買気配 1329円 )
分売価格 (割引率):1290円 (2.93%)

今は地合いが良いので、当日朝8時ごろの気配を確認しますが、無理をしない姿勢です。

 

立会外分売結果

分売実施日 2020/8/26
前営業日終値 1,329円
分売価格 (割引率) 1,290円(2.93%)
始値 1,315円
高値 1,322円
安値 1,302円
終値 1,322円

当日朝の気配で買いが入っていました。

そのまま、分売価格を割ることなく分売日当日を終えました。

 

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

 

 

スポンサーリンク

 

 

実施予定日: 2018/12/19(水)~12/25(火)

事前考察

株価 1233 (18/12/14 終値)
分売枚数は1000枚。発行株式数の約3%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは不可。
配当は12月。株主優待は12月。

適時開示情報閲覧サービス:

枚数は多くは無いのですが、出来高も少なく、板も薄いです。
12月末日に配当・優待の権利日があるので、これに向けての買いがどれくらい入るか確認してからの参加の意思決定をする予定です。
優待先回り買いの株価上昇は見受けられません。

一応は、将来的な東証一部を目指した立会外分売となっています。

2013年11月にも立会外分売を実施していますが、始値は分売価格を割っています。
この分売日当日は、分売価格近辺での値動きでした。

前日考察

終値は1228円(売気配1228円、買気配1217円)で、分売価格は1192円(割引率2.9%)となりました。

割引率が2.9%ですが、引けでの最良買い気配での割引率は約2%である点には注意が必要です。

当初の予定通り、朝8時ごろの気配を見ての参加決定の予定です。
地合が悪く、資金拘束されるのもさけたいので、無理はしない姿勢です。

立会外分売結果

分売実施日 2018/12/19
前営業日終値 1,228円
分売価格(割引率)1,192円(2.93%)
始値 1,166円
高値 1,185円
安値 1,166円
終値 1,180円

枚数が多いわけでもないですし、12月末日に配当・優待の権利日があるにもかかわらず、買いが殆ど入っていません。

管理人の抽選結果

SBI証券:不参加
楽天証券:不参加
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

8時ごろの気配を確認したところ、買いが殆ど並んでいなかったので、びっくりしたぐらいです。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜