立会外分売

【立会外分売】ブリッジインターナショナル (7039) 2020/8/25~8/27予定

 

 

ブリッジインターナショナル (7039)の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

実施予定日:2020/8/25(火)~8/27(木)予定

事前考察

株価 2995 (20/8/20 終値)
市場:東証マザーズ
分売枚数は1550枚。発行株式数の4-5%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは余裕あり。
配当は12月。株主優待は無し。

 

2019年8月にも立会外分売を実施しています。

しかし、前回から株価が大きく上昇しており、また分売枚数が前回のの約2倍であることを考えると、あまり参考にはなりません。

前回は割引率が渋かったです。

 

分売枚数に対して、出来高はそれなりにあります。

 

HYPER空売りが可能なので、前日の株価の動向には注目です。

 

前日と当日朝8時ごろの気配(と割引率)を確認して判断する予定です。

8月末日の株主優待の権利付日が近いので参加は限定的です。

 

 

 

前日考察

前営業日終値:2784円(売気配 2795円、買気配 2778円)
分売価格 (割引率): 2729円 (1.98%)

 

前日に6%以上下げているので、参加を検討します。

当日朝8時ごろの気配を確認してから判断します。

 

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施日 2020/8/25
前営業日終値 2,784円
分売価格 (割引率) 2,729円(1.97%)
始値 2,750円
高値 2,814円
安値 2,731円
終値 2,753円

当日朝8時ごろの気配では買いが入っていて、分売価格を割って始まりそうにはありませんでした。

分売日当日も分売価格を割ることなく、安定した株価になりました。

 

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

 

 

スポンサーリンク

 

 

実施予定日:2019/8/21(水)~8/23(金)予定

事前考察

株価 1251 (19/8/16 終値)
分売枚数は700枚。発行株式数の1-2%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは余裕あり。
市場:東証マザーズ
配当は12月。株主優待は無し。

 

2018年10月にIPOして、最近は少し落ち着いたものの、IPO後に株価が下落傾向にあるのは悪材料です。

分売枚数が少なく、それ相応の板・出来高はあります。

 

8月末日の株主優待取得のために資金が必要なので、参加意欲が低いです。

HYPER空売りが余裕ありとなっているので、前日の株価の動向と当日の朝の板の様子を確認してから判断します。

 

前日考察

前営業日終値:1180円(売気配1180円、買気配1179円)
分売価格 (割引率): 1157円 (1.95%)

立会外分売発表から株価が約200円も下落しているため、その分だけ割引率が渋くなっています。

前日の株価も約1%下落しています。

参加姿勢を強めて、当日朝8時ごろの気配を確認して判断します。

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施日 2019/8/21
前営業日終値 1,180円
分売価格 (割引率) 1,157円(1.94%)
始値 1,189円
高値 1,289円
安値 1,187円
終値 1,267円

前日の米国株の下落にもかかわらず、前営業日終値すら割ることなく当日を終了しました。

管理人の抽選結果

立会外分売とは関係ない個人的な事情により、不参加に終わりました。

SBI証券:不参加
楽天証券:不参加
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜