立会外分売

【立会外分売】テノ.ホールディングス (7037) 2019/7/24(水)~7/26(金)予定

 

東証マザーズ銘柄のテノ.ホールディングス (証券コード: 7037) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

実施予定日: 2019/7/24(水)~7/26(金)予定

事前考察

株価 1,015 (19/7/19 終値)
分売枚数は2250枚。発行株式数の約5%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは残りわずか。
配当は12月。株主優待は無し。

東京証券取引所本則市場への変更を目的とした立会外分売です。

東証一部なのか、東証二部なのか明記してありませんが、現状では株主数が少ないので、東証一部への市場変更は難しいでしょう。

一方で、株主数を増やすためか、2019年6月にも株式3分割もしています。

加えて、立会外分売の申し込み上限も200株なので、株主数を増やす意図が感じられます。

 

2018年12月にIPOをしており、その後の株価も堅調な点は好材料です。

 

分売枚数は少なくなく、板・出来高は物足りないです。

3分割して単元株価が低くなっているので、大きく割れる可能性は低いと考えています。

当日の8時ごろの気配を確認してから、参加・不参加の判断をします。

 

 

前日考察

(7月23日以降に更新予定)

前営業日終値:957円(売気配960円、買気配957円)
分売価格 (割引率): 934円 (2.40%)

割引率がそれほど高くないので、分売価格を割る可能性もあると考えています。

当初の予定通り、朝8時ごろの気配を確認の上、手数料の安い証券会社を中心に参加・不参加の判断をします。

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施部 2019/7/24
前営業日終値 957円
分売価格 (割引率) 934円(2.40%)
始値 971円
高値 974円
安値 951円
終値 951円

朝8時ごろの気配を確認したところ、多くの買い注文が入っていました。

この買い注文は寄り直前になっても残っており、結果的に前営業日終値こえる始値となりました。

引けでは若干下げましたが、当日は分売価格を大きく上回ったまま推移し、儲けのでる立会外分売となりました。

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:落選
マネックス証券:落選
ライブスター証券:落選
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

今回は割り当てがありませんでした。

2000枚程度では、時々割り当てがあるものの、申し込み全てが落選となることもあります。

 

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

Copyright© ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜 , 2020 All Rights Reserved.