立会外分売

【立会外分売】MS-Japan (6539) 2019/5/24~5/28予定

東証JASDAQスタンダード銘柄のMS-Japan (証券コード: 6539) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

実施予定日: 2019/5/24(金)~5/28(火)予定

事前考察

株価 1589円(19/5/21 終値)
分売枚数は4000枚。発行株式数の1-2%。
制度信用売りは可能。カブドットコム証券で一般信用は残数量なし。HYPER空売りは不可。
配当は3月と9月。株主優待は無し。

分売枚数は多いですが、板・出来高は十分にあります。

しかも、空売り可能なので、分売価格を割って始まる可能性は低いと考えています。

ただし、本記事作成時には株不足になっていません。

株価の動きが荒いので、一応は、前日の株不足と当日の朝の気配を確認します。

参加姿勢です。

前日考察

前営業日終値:1492円(売気配1494円、買気配1492円)
分売価格 (割引率):1462円 (2.01%)
株不足: 26,700株

割引率が渋く、想定していたよりも株不足が増えていないのが悪材料です。

当初の予定よりも、より慎重に臨みます。

立会外分売結果

分売実施日 2019/5/24
前営業日終値 1,492円
分売価格 (割引率) 1,462円(2.01%)
始値 1,432円
高値 1,468円
安値 1,425円
終値 1,451円

ニッポン高度紙工業 (3891)と同様の状況になりました。

株不足も増えず、地合いも悪かったため、赤字案件となりました。

管理人の抽選結果

SBI証券:不参加
楽天証券:落選
松井証券:落選
マネックス証券:落選
ライブスター証券:落選
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

これだけの分売枚数にもかかわらず、4社申し込みで、1つの当選もありませんでした。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜