立会外分売

【立会外分売】ソネット・メディア・ネットワークス(6185) 2019/8/28~8/30予定

 

ソネット・メディア・ネットワークス(6185)の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

実施予定日:2018/8/28(水)~8/30(金)予定

事前考察

株価 657 (19/8/23 終値)
分売枚数は3320枚。発行株式数の2-3%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは受付不可。
配当は出していない。株主優待は無し。

 

2018年11月にも立会外分売を実施しています。

その時は、割引率が低いにもかかわらず、概ね良い結果に終わっています。

しかし、今回は分売枚数が3倍ほどになり、株価も1000円を割っていますので、前回のような低い割引率では手数料負けの可能性が高くなります。

出来高はあるので大きく割れることもないでしょうが、儲けも出しにくいでしょうから、資金を8月末日の株主優待取得に使うほうが無難と考えられます。

あえて参加する場合は、手数料の安い証券会社からのみとする予定です。

 

 

前日考察

前営業日終値:637円(売気配638円、買気配635円)
分売価格 (割引率):624円 (2.04%)

 

単元株価が低いにもかかわらず、割引率が低く、割引額は13円しかありません。

儲けの出しにくい立会外分売となっていて、無理に参加する必要もないと考えています。

あえて参加するならば、当日朝8時ごろの気配を確認したうえで、手数料をゼロにできる証券会社からのみとするつもりです。

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施日 2019/8/28
前営業日終値 637円
分売価格 (割引率) 624円(2.04%)
始値 617円
高値 617円
安値 606円
終値 606円

分売価格を一度も超えることなく当日を終えました。

私の予想していたよりも悪い結果でした。

 

管理人の抽選結果

SBI証券:不参加
楽天証券:不参加
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

 

スポンサーリンク

 

実施予定日:2018/11/22(木)~11/26(月)

事前考察

株価 1657 (18/11/19 終値)
分売枚数は940枚。発行株式数の1%未満。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは残りわずか。
配当は出していない。株主優待は無し。

少ない分売枚数に対して、板も出来高も十分にあります。
一方で、株価の動きは激しいので、リスクは高いです。

一応は東証一部を目指した立会外分売となっていますが、株主数が全然足りていないので、一部昇格の先回り買いが入るかはかなり微妙です。

株価の値動きが激しいので、当日の確認はしますが、参加姿勢でいます。

前日考察

終値は1571円(売気配1574円、買気配1067円)で、分売価格は1540円(割引率1.9%)となりました。

空売りが出来ないにもかかわらず、割引率が低すぎます。
板・出来高がある銘柄なので、地合いがよくなれば、低割引率でも分売価格を超えてくる可能性は低くはないと考えています。

条件が良いとはいえない案件なので、当日朝の確認のうえで参加するかどうか決めます。

立会外分売結果

分売実施日 2018/11/22
前営業日終値 1,571円
分売価格(割引率) 1,540円(1.97%)
始値 1,551円
高値 1,623円
安値 1,526円
終値 1,576円

寄り後すぐに分売価格を割る展開もありましたが、その後は強いまま終わりましたね。
昨日の米国株も大きく崩れるわけでもなく、日本株も強かったので、地合いも良かったです。

管理人の抽選結果

個人的な事情で参加できませんでした。

SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
ライブスター証券
マルサントレード
野村証券

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

Copyright© ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜 , 2020 All Rights Reserved.