立会外分売

【立会外分売】モーニングスター (4765) 2021/11/9予定

 

モーニングスター (証券コード: 4765) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

実施予定日: 2021/11/9(火)予定

事前考察

株価 518円 (21/10/29 終値)
上場市場:東証1部
分売枚数は3500枚。発行株式数の1%未満。
制度信用売りは可能。
配当は3月。株主優待は3月と9月。

 

プライム市場に入るための流動性の基準をわずかに満たしていないために立会外分売を実施します。

板・出来高は十分にあり、低位株・貸借銘柄でもあるので、分売価格を割って始まる可能性は極めて低いです。

参加で問題ないと考えています。

 

スポンサーリンク

 

前日考察

前営業日終値:535円(売気配 535円、買気配 534円)
分売価格 (割引率): 522円 (2.43%)
株不足:248,200 株

前日までに株価が下がらなかったのは残念ですが、株不足も進んでいるので、参加で問題ないと考えています。

 

 

 

立会外分売結果

分売実施日 2021/11/9
前営業日終値 535円
分売価格 522円
始値 535円
高値 537円
安値 526円
終値 531円

分売価格を割ることもなく、安定した結果になりました。

 

管理人の抽選結果

立ち会外分売の理由からSBIホールディングスの売り出しである可能性が高いと考えて、SBI証券とSBIネオトレード証券への配分が多いと考えていました。

しかし、両証券からの配分はなく、意外にもマネックス証券から配分がありました。

SBI証券:落選
楽天証券:不参加
松井証券:落選
マネックス証券:当選
SBIネオトレード証券:落選
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

 

スポンサーリンク

 

 

実施予定日: 2018/12/21(金)~12/28(金)

この立会外分売は2018年12月20日に中止が発表されました。

事前考察

株価 332 (18/12/17 終値)
分売枚数は33500枚。発行株式数の約4%。
制度信用売りは可能。カブドットコム証券で一般信用は残数量なし。HYPER空売りは不可。
配当は3月と9月。株主優待は3月。

適時開示情報閲覧サービス:株式の立会外分売に関するお知らせ

分売枚数は極めて多いのですが、それ相応に板・出来高はあります。

空売り可能銘柄なので、当日の買い支え要因にはなりますが、前回は売禁になりました。
分売日前営業日までに、どれだけ株不足がすすむかによって、参加の方針が左右されます。

前回は、低位株として安定して利益の出せる立会外分売でした。
しかし、前回は楽天証券で配分確定が9時以降に遅れたことには注意が必要です。

板・出来高が十分にあり、低位株なので損失があっても限定的な事もあり、資金力があれば参加を検討したい立会外分売です。

前回の立会外分売記事(旧ブログ):
【立会外分売】 モーニングスター (JQS/4765) 9/21~9/28予定

前日考察

立会外分売結果

管理人の抽選結果

SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
ライブスター証券
マルサントレード
野村証券

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2022 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜