立会外分売

【立会外分売】 日本空調サービス (4658) 2020/8/7(金)~8/14(金)予定

 

東証1部銘柄の日本空調サービス (証券コード: 4658) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

実施予定日: 2020/8/7(金)~8/14(金)予定

事前考察

株価 725 (20/7/31 終値)
分売枚数は1400枚。発行株式数の1%未満。
制度信用売りは可能。カブドットコム証券で一般信用は残数量なし。HYPER空売りは。
配当は3月と9月。株主優待は無し。

 

分売枚数も少なく、板・出来高も十分にあります。

空売り可能で、すでに株不足にもなっています。

過去にも立会外分売を実施していて、良い結果で終わっています。

現段階では懸念材料もないので、参加姿勢です。

 

 

前日考察

前営業日終値:675円(売気配 677円、買気配 674円)
分売価格 (割引率):655円 (2.96%)
株不足:38,700株

割引率が約3%あり、株不足もそれなりにあるので、分売価格を割って始まる可能性は非常に低いと考えて参加します。

 

スポンサーリンク

 

 

立会外分売結果

分売実施日 2020/8/7
前営業日終値 675円
分売価格 (割引率) 655円(2.96%)
始値 681円
高値 688円
安値 669円
終値 686円

 

予想された通り、安定した利益のでる立会外分売となりました。

単元株価が高くない空売り可能銘柄の典型的なパターンです。

 

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:落選
マネックス証券:落選
ライブスター証券:落選
マルサントレード:落選
野村証券:落選

 

 

スポンサーリンク

 

 

実施予定日: 2019/8/8(木)~8/14(水)予定

事前考察

株価 706 (19/8/5 終値)
分売枚数は928枚。発行株式数の1%未満。
制度信用売りは可能。カブドットコム証券で一般信用は可能。HYPER空売りは不可。
配当は3月と9月。株主優待は無し。

 

分売枚数も少なく、板・出来高も十分にあります。

空売り可能で、すでに株不足にもなっています。

2014年にも立会外分売を実施していますが、良い結果で終わっています。

通常であれば参加姿勢ですが、地合いの悪化も気になりますので、慎重姿勢を崩さずに参加を検討します。

 

 

前日考察

前営業日終値:705円(売気配707円、買気配704円)
分売価格 (割引率):684円 (2.98%)
株不足:22,700株

ニューヨーク市場が開かれるまで様子見していましたが、1%以上の大幅下落となっています。

円高も進行しているので、明日の日本株は大幅下落で始まり、地合いの悪さが目立つ可能性が高いです。

地合いが大変悪いので、参加する場合には慎重姿勢で臨みます。

当日の8時ごろの気配を見て、十分な買いが入っていることを確認してからの判断が無難だと考えます。

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施日 2019/8/8
前営業日終値 705円
分売価格 (割引率) 684円(2.97%)
始値 711円
高値 713円
安値 699円
終値 707円

朝起きてみると、米国株が戻していたので、予想に反して地合いの悪化はそれほどでもなかったです。

始値でも終値でも前営業日終値を超えていますし、当日は分売価格を割ることはありませんでした。

 

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:落選
マルサントレード:落選
野村証券:不参加

朝起きて、米国株の戻しを見てから、できる限り申し込みをしましたが、配分はありませんでした。

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜