立会外分売

【立会外分売】シノプス (4428) 2020/6/25~6/30予定

 

シノプス (証券コード: 4428) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

実施予定日: 2020/6/25(木)~6/30(火)予定

事前考察

株価 2275円 (20/6/19 終値)
上場市場:東証マザーズ
分売枚数は1200枚。発行株式数の約2%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは残りわずか。
配当は出していない。株主優待は無し。

 

2020年3月にも立会外分売を実施しましたが、コロ助ショックの中だったため、今回の参考にはなりません。

 

東証一部への市場変更を目指した立会外分売となっています。

このためか、立会外分売の発表から株価が上昇しています。

ただし、株主数の条件をすぐに達成できるかは微妙な状況です。

 

分売枚数も多くなく、出来高も十分にあるのですが、株価の動きが激しい銘柄です。

 

株価の動きが激しい銘柄ですので、当日の朝8時ごろの気配の確認をしての判断が無難です。

個人的には、6月末日の株主優待取得もあるので、参加は限定的にならざるをえません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

前日考察

前営業日終値:2123円(売気配 2130円、買気配 2123円 )
分売価格 (割引率):2059円 (3.01%)

立会外分売の発表後に株価が上昇しましたが、その後は株価が幾分下落しています。

 

前日の米国株がかなり下落して始まっているのが気がかりです。

株価の変動が激しい銘柄でもあり、当日朝8時ごろの気配を確認して判断します。

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施日 2020/6/25
前営業日終値 2,123円
分売価格 (割引率) 2,059円(3.01%)
始値 2,060円
高値 2,082円
安値 2,031円
終値 2,040円

 

逃げ場がなかったわけではありませんが、ほとんどの時間帯で分売価格を割っていました。

 

管理人の抽選結果

当日朝8時ごろの気配を確認したところ、あまり多くの買いは入っていませんでした。

けれども、分売価格を大きく割ることは無いと判断して、部分的に参加しました。

SBI証券:不参加
楽天証券:落選
松井証券:落選
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

実施予定日: 2020/3/3(火)~3/6(金)予定

事前考察

株価 2034円 (20/2/28 終値)
上場市場:東証マザーズ
分売枚数は600枚。発行株式数の約1%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は。HYPER空売りは受付不可。
配当は出していない。株主優待は無し。

 

現状の下落トレンドの中で参加するのは非常に難しいです。

前日の米国株が好調で、反転が見込めるときのみ参加を検討します。

 

分売枚数も少なく、出来高はありますが、板が薄いので、株価の動きは激しいです。

 

東証一部昇格を目指した立会外分売となっていますが、すぐに実現するのは厳しい状況です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

前日考察

前営業日終値:2186円(売気配 2192円、買気配 2182円 )
分売価格 (割引率):2131円 (2.51%)

 

立会外分売の前日は日本株は全面株高でしたが、やはりアメリカ株の結果が出てからの判断になります。

前日のアメリカ株の結果と当日の朝8時ごろの気配を確認したうえで判断します。

 

相場が不安定な中で、これだけ株価の激しい銘柄で、割引率が2.5%しかないのは大きなリスク要因です。

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施日 2020/3/3
前営業日終値 2,186円
分売価格 (割引率) 2,131円(2.51%)
始値 2,186円
高値 2,239円
安値 2,105円
終値 2,105円

地合いそのままの展開となりました。

前日の米国株で最初は良かったのですが、その後垂れてしまって、分売価格割れです。

 

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:当選
松井証券:落選
マネックス証券:落選
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

不安定な地合いで立会外分売の参加者が減っているのか、少ない枚数でも配分がありました。

株価の動きが激しい銘柄なので、寄りで売って利益を確定しました。

 

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜