立会外分売

【立会外分売】ソーシャルワイヤー (3929) 2020/6/1~6/3予定

 

ソーシャルワイヤー (東M/3929)の立会外分売に関する考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

実施予定日: 2020/6/1(月)~6/3(水)予定

事前考察

株価 940円 (20/5/25 終値)
上場市場:東証マザーズ
分売枚数は300枚。発行株式数の1%未満。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は残数量なし。HYPER空売りは残りわずか。
配当は3月と9月。株主優待は3月。

 

立会外分売と同時に株主優待を新設したり、東証一部昇格が確実な事や、決算がよかったりしたこともあり、5月25日はストップ高になっています。

株価の動きが荒くなることもありうるので、前日までの株価の動向には注意を払う必要があります。

通常であれば、分売枚数と出来高を考えると、積極的な参加となるはずですが、今回は当日朝8時ごろの気配を確認して判断します。

 

 

 

前日考察

前営業日終値:1149円(売気配 1153円、買気配 1146円 )
分売価格 (割引率):1115円 (2.96%)

 

約3%の割引率があるので、参加してみます。

配分がある確率は極めて低いですが。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

立会外分売結果

分売実施日 2020/6/1
前営業日終値 1,149円
分売価格 (割引率) 1,115円(2.96%)
始値 1,225円
高値 1,280円
安値 1,164円
終値 1,179円

朝8時ごろの気配でも多くの買いが入っていました。

前営業日終値を割らない強い結果となりました。

 

管理人の抽選結果

朝8時ごろの気配で多くの買いが入っていたので参加しました。

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:落選
マネックス証券:落選
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:落選
野村証券:落選

 

スポンサーリンク

 

 

実施予定:2018/11/2(金)~11/9(金)

事前考察

株価 852 (18/10/30 終値)
分売枚数は1100枚。発行株式数の2-3%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは不可。
配当は3月と9月。株主優待は無し。

分売枚数に対して、出来高は十分にありますが、板の厚さには少し不安が残ります。
マザーズ銘柄なので、株価の動きも激しいです。
地合が不安定なこともあり、積極的にも、消極的にもなれない状況です。

2018年2月にも立会外分売を実施しています。
記事(旧ブログ):【立会外分売】ソーシャルワイヤー (東M/3929) 2/13~2/16予定

この時は、分売価格を上回って始まったのですが、終値では分売価格を下回っています。

当日の朝8時ごろの気配を確認したうえでの、参加決定を予定しています。

前日考察

終値は864円(売気配868円、買気配857円)で、分売価格は840円(割引率2.7%)となりました。
終値での買気配の観点では割引率は低いです。

ここ数か月の株価の下落傾向もありますし、分売発表後にも株価がかなり下落しています。
どこまで、下がるか見極めが難しいので、無理はしない姿勢です。
当日の朝に米国株・日経先物・朝8時ごろの気配を確認し、条件が良ければ、手数料の安い証券会社からのみ参加を検討します。

結果

分売実施日 2018/11/2
前営業日終値 864円
分売価格 840円(2.77%)
始値 849円
高値 899円
安値 847円
終値 881円

地合が好転したこともあり、想像していたよりも強い結果になりました。

抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:当選
マネックス証券:落選
松井証券:落選
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加
ライブスター証券:落選

朝の確認で分売価格を超えて始まる可能性が十分にあると判断して、参加を決めました。
朝の確認後の判断でしたので、マルサントレードと野村證券は不参加になっています。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

Copyright© ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜 , 2020 All Rights Reserved.