立会外分売

【立会外分売】パシフィックシステム (3847) 2021/12/2~12/6予定

 

パシフィックシステム (証券コード: 3847)の立会外分売の考察です。

 

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

 

実施予定日: 2021/12/2(木)~12/6(月)予定

事前考察

株価 3200 (21/11/26 終値)
上場市場:東証JQS
分売枚数は450枚。発行株式数の約3%。
制度信用売りは不可。HYPER空売りは不可。
配当は12月。株主優待は無し。

 

分売枚数は少ないのですが、板はスカスカ、出来高が無い日すら普通にあります。

売ろうとしても、まともな板が無い状況なので、分売には参加しません。

 

スタンダード市場を選択するための立会外分売ですが、この流動性と出来高で太平洋セメントの子会社だと考えると、上場している意義があるのか疑問です。

 

 

 

 

前日考察

前営業日終値:3240円(売気配 3590円、買気配 3030円)
分売価格 (割引率):3142円 (3.02%)

予定通りの不参加です。

大引けでの最良買い気配を基準にすると、プレミアム価格の立会外分売となります。

 

 

立会外分売結果

分売実施日 2021/12/2
前営業日終値 3,240円
分売価格 3,142円
始値 3,075円
高値 3,075円
安値 2,900円
終値 2,921円

予想通りの分売価格割れの結果となりました。

これでも完売になるのですから、不思議なものです。

管理人の抽選結果

不参加です。

SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
SBIネオトレード証券:
マルサントレード
野村証券

 

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2022 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜