立会外分売

【立会外分売】システムインテグレータ (3826) 2019/2/21~2/26予定

東証1部銘柄のシステムインテグレータ (証券コード: 3826)の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

実施予定日: 2019/2/21(木)~2/26(火)予定

事前考察

株価 712 (19/2/15 終値)
分売枚数は5000枚。発行株式数の4-5%。
制度信用売りは可能。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは不可。
配当は2月。株主優待は8月。

分売枚数も多いですが、板・出来高もあります。
空売り可能銘柄ですが、本記事作成時には株不足になっていません。

ここ半年ぐらいに、株価が急騰した後、急落しています。
以前の水準よりも、株価が少し高めです。
分売日までの株価下落と株不足の状況を見て参加を決めます。

空売り可能で、板・出来高もある銘柄なので、大負けするリスクは低いと考えて、参加姿勢ではいます。

前日考察

終値は688円(売気配688円、買気配687円)で、分売価格は668円(割引率2.91%)となりました。

株不足は、54,100株で分売枚数の1割ほどで、限定的です。

割引率が3%弱あり、立会外分売前日も売り込まれているので、参加します。
単元株価が低く、枚数も多いので、利益は少なめかもしれません。

立会外分売結果

分売実施日 2019/2/21
前営業日終値 688円
分売価格(割引率)668円(2.90%)
始値 691円
高値 745円
安値 690円
終値 743円

分売価格を割る事はないとは予想していましたが、それ以上に強い結果になりました。

管理人の抽選結果

SBI証券:落選
楽天証券:落選
松井証券:落選
マネックス証券:落選
ライブスター証券:落選
マルサントレード:落選
野村証券:落選

分売枚数が5000枚でも配分無しに終わりました。
数年前では考えられないことですね。

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜