立会外分売

【立会外分売】イグニス (東M/3689) 2019/11/22~11/26予定

 

イグニス (証券コード: 3689) の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

実施予定日: 2019/11/22(金)~11/26(火)予定

事前考察

株価 1049円(19/11/18 終値)
上場市場:東証マザーズ
分売枚数は7200枚。発行株式数の約5%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は残数量なし。HYPER空売りは残りわずか。
配当は出せる状況にない。株主優待は無し。

 

なんと言っても、業績の悪い中、枚数の多い立会外分売を実施するという事で、条件が悪いです。

しかも、株価の動きが激しく、リスクも高くなっています。

あえて好材料を挙げるならば、出来高が多いくらいです。

 

条件が悪いので、不参加の姿勢です。

 

スポンサーリンク

 

 

前日考察

前営業日終値:983円(売気配 986円 、買気配 983円 )
分売価格 (割引率):953円 (3.05%)

7200枚という分売枚数で、約3%の割引率では参加はためらわれます。

不参加の姿勢です。

 

 

立会外分売結果

分売実施日 2019/11/22
前営業日終値 983円
分売価格 (割引率) 953円(3.05%)
始値 953円
高値 954円
安値 927円
終値 931円

典型的なパターンで、ほとんど分売価格を超えることはありませんでした。

 

管理人の抽選結果

不参加です。

SBI証券
楽天証券
松井証券
マネックス証券
ライブスター証券
マルサントレード
野村証券

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

Copyright© ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜 , 2020 All Rights Reserved.