立会外分売

【立会外分売】キャンディル (1446) 2019/8/22~8/27予定

 

キャンディル (1446)の立会外分売の考察です。

立会外分売とは何か不明な方は、
記事:立会外分売の基本戦略について
をご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

実施予定日:2019/8/22(木)~8/27(火)予定

事前考察

株価 1691 (19/8/16 終値)
分売枚数は2000枚。発行株式数の約4%。
制度信用売りは不可。カブドットコム証券で一般信用は不可。HYPER空売りは残りわずか。
市場:東証マザーズ
配当は3月と9月。株主優待は9月。

 

 

東証一部昇格を目指した立会外分売となっています。

 

2018年7月にIPOして、しばらくは株価が下落傾向にあったのですが、2019年には反転して、ここ数か月は株価が大きく上昇しています。

さらに、立会外分売発表後に株価が10%ほど急騰しています。

しかも、出来高も急増しており、今までの経緯は殆ど参考になりません。

 

かなりリスクの高い立会外分売となっており、無理して参加する必要はないと考えています。

参加するならば、当日朝8時ごろの板の様子を確認して、十分な買いが入っていることが最低条件と考えています。

 

渋野日向子選手が全英女子オープンで優勝する前にスポンサー契約を結んでいたりします。

 

 

前日考察

前営業日終値:1529円(売気配1530円、買気配1517円)
分売価格 (割引率): 1499円 (1.96%)

前日は100円近い下落になっていますが、分売発表後に急騰した分は戻しきっていません。

また、割引率も2%をきっており、更には終値での最良買気配での割引率は1.19%しかありません。

分売枚数も少なくないことから、私は参加を見送ります。

 

スポンサーリンク

 

立会外分売結果

分売実施日 2019/8/22
前営業日終値 1,529円
分売価格 (割引率) 1,499円(1.96%)
始値 1,500円
高値 1,519円
安値 1,470円
終値 1,474円

寄りからしばらくは逃げ場がありましたが、そのあとは分売価格をわる冴えない展開となりました。

管理人の抽選結果

SBI証券:不参加
楽天証券:不参加
松井証券:不参加
マネックス証券:不参加
ライブスター証券:不参加
マルサントレード:不参加
野村証券:不参加

 

 

関連コンテンツ

おすすめ記事

-立会外分売

© 2020 ポイント節約と株式投資で経済的自由をめざす 〜ぜにっき〜